再生エネルギー事業計画概要

バイオマストイレ①.JPG油化装置.jpgⅠ.はじめに  

弊社は、廃棄物を資源化する医療廃棄物油化装置やアスベスト無害化装置の開発に先駆的に取組んできました。更に被災後のバイオマストイレの事業化で、微生物が地球の資源循環の主人公であることを再認識しました。人口減少が進み、耕作放棄地が増大する被災地は、地域の食品残渣等の廃棄物と家畜糞尿等の排泄物を発電や熱エネルギーに変える6次化農業により、安全で美味しい農産物を生産・加工・販売すれば、自然災害と世界不況に強い、持続可能な環境産業を被災地及び全国に創出できることになると考えています。  

  3.11東日本大震災の被害は、千年に一度と言われる程未曾有のものでした。震災前の被災地は、漁業と水産加工品の食料供給地でしたが、2次産業等の工場が空洞化して地域経済が疲弊し、震災の前から人口流出と過疎化が進む状況でした。被災後7年以上過ぎた今も復旧・復興事業が長期化して被災地は、一層の人口流出が加速しています。弊社は、こうした東北の現実に絶望せず、チャレンジ精神を発揮して、廃プラスチックの油化事業、バイオマストイレ事業を推進することで、被災地始めとして、全国過疎地域に雇用と資源循環産業を創出する所存です。そのことに依り、我国の災害対策と地域経済の活性化及び世界経済の循環型形成と地球環境の持続可能性に寄与して参りたいと思います。

2.医療廃棄物等油化装置

病院から毎日出る医療廃棄物の6割はプラスチックです。その処理は、特別管理産業廃棄物として外部委託され、防疫のため専用容器に入れ、専用車両で運び、焼却されます。一方で給湯のため重油を燃料にしてボイラーを毎日焚く病院は多い。従い、毎日発生する医療廃棄物を院内で油化処理すれば、焼却よりCO2排出量が削減され、廃棄物処理代と燃料代が節約出来、地域社会と世界の模範となる資源循環の仕組みが出来上がります。

3.バイオマストイレ  

阪神淡路大震災では下水道施設が破壊されたことにより、各所で深刻なトイレパニックが発生しました。東日本大震災でもトイレパニックが発生し、災害関連死が多発しました。又、被災した下水道施設の原状回復に多くの時間と費用と労力を要していますが、7半年たっても嵩上げ工事は完成せず、今だに道半ばです。   建物の倒壊や火災による被災者を収容する避難場所のトイレは、上水の断水で使えなくなるので、回復まで仮設トイレが設置されます。仮設トイレは、簡易水洗式を含めて基本的に汲取り式なので、臭気が激しく、非衛生的です。特に災害時に学校の体育館や教室等に密集して雑魚寝をよぎなくされるので、お年寄りや女性の被災者は、臭く汚く、和式でしゃがまなければならず、夜は怖い仮設トイレに行く回数を減らすために、水分補給を我慢して、エコノミー症候群等で体調を崩してしまい、最悪の事態には災害関連死が多発しています。 災害直後命が助かっても東日本大震災の災害関連死者数は3,647人に上ります。(平成29年9月30日現在復興庁調査結果)  

  移動式のバイオマストイレは、無臭、無排水、無汚泥なので、災害時の避難場所等の臭く汚い、汲取り式仮設トイレの衛生環境が改善されます。又、今後の災害対策として、普段使いで備蓄すれば、災害時に迅速に初動態勢を取ることが可能になり、避難場所の生活排水の環境負荷と維持管理等も軽減されることになります。

 

コメントの投稿

トラックバック